読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさん48歳からの美肌トライアル

やぐらじろうの美容体験記

ほうれい線対策のサイトマップ的なこと

こんにちは やぐらです。

ほうれい線対策です。

まずは基本的なことから・・・

ほうれい線とは・・・

「しわでは無く、頬の境界線である。」 そう、しわではないんです。

ほうれい線の出来る原因・・・

正確にはほうれい線はしわではないので、

 「出来る」 というよりは、 「目立つようになる」 といったほうが正しいようです。 では、 目立つ原因を探ると、

頬が重力により下がってくるから

ということのようです。

 

なので、 人によっては 仰向けに寝てるときには

あまり目立たなくなることもあります。

 

頬が下がってくる原因とは・・・

皮膚、皮下脂肪、表情筋の3つの衰えてきて、

頬を支える力が弱くなるから、

です。

 

Ⅰ 表情筋の衰え

 

まず、表情筋とは こんな感じになってまして、

細かく分類すると 40種類以上ともいわれています。

 

この図のうち ほうれい線に関係する筋肉は

⑦ 頬筋

上下あご関節から口角まで伸びている筋肉。

口角を上げるはたらきがあり、

この筋肉が衰えると口角が下がった寂しい口元になります。

 

⑰ 口輪筋

唇の周りの筋肉。

口元のさまざまな表情を作り出します。

この筋肉が衰えると口元のたるみ・シワにつながります。

 

⑱ オトガイ筋

唇の下から顎に伸びる筋肉。

下顎を押し上げて顎のラインを引き締める働きをします。

この筋肉が衰えると正面から見てくっきりはっきり二重顎になります。

 

ほうれい線を 目立たなくなるようにするには

これらの筋肉を鍛えれば いいはずです。

 

Ⅱ 皮下脂肪の衰え

 

皮下脂肪が年齢を重ねることによる 代謝機能の衰えで肥大化してきます。

そうすると

→ 遊離脂肪酸を過剰に分泌するようになります。

これが、コラーゲンやエラスチンを作っている

線維芽細胞の細胞分裂にも悪影響を与え、 活力を低下させてしまいます。

 

→ 表情筋の衰えと共に皮下脂肪の衰えも 肌の弾力低下をもたらし、

たるみの原因になります。

 

そのため 皮下脂肪対策も必要です。

 

 

Ⅲ 皮膚の衰え

 

肌の衰えは、 肌の弾力の衰え、 とも言えます。

肌のハリやうるおいは、

真皮内のコラーゲンやエラスチンの 保湿作用によって保たれています。

 

しかし、紫外線、乾燥、ストレスなどの 外的刺激の影響で

コラーゲンが減少・破壊されると、

肌の弾力は失われシワができやすい状態になります。

 

これも対策が必要となります。

 

関連記事 ほうれい線に効く「舌回し体操」を1日1万回やってみた