おっさん48歳からの美肌トライアル

やぐらじろうの美容体験記

お肌を劣化させる「糖化」とは?

こんにちは やぐらです。  

この回は ほうれい線を改善するための 食事関連についてです。

 

まず、食事の目的ですが、

当然全体的な栄養バランスは 考えないといけませんが

美容に効果的なものを 摂取したいところです。

・保湿力をアップ

保湿成分としては

セラミド

大豆レシチン

ヒアルロン酸

コラーゲン

エラスチン

などがあります。

 

化粧品の成分としては なじみのあるものもありますが、

これらを食べ物から摂取しようとすると

どんなものが、あるでしょうか?

 

セラミドが多く含まれているもの:

コンニャク芋 黒ごま、ひじき、黒豆、小豆、

コーヒー、紅茶、ウーロン茶、 黒コショウ、

そば、ワカメ、ごぼう 牛乳、 など

 

セラミドの生成を助けるもの:

カリフラワー、白菜、たまねぎ、

じゃがいも、里芋、 キャベツ、大豆、白ごま など

 

▼(注)セラミドを減らすもの

リノール酸 コーン油、グレープシードオイル、

ベニバナ油、ひまわり油、綿実油など

過剰摂取すると セラミドの生成を阻害する作用があります

 

大豆レシチン

大豆

 

ヒアルロン酸

鶏の軟骨、鶏手羽、トサカ、豚足、

鮭やカレイ、魚の目、フカヒレ、 うなぎ、

など

 

コラーゲン:

鶏の手羽や、フカヒレ、牛すじ、鶏皮

など

 

エラスチン:

牛、豚のスジ肉やハツ(心臓) 手羽先、軟骨

イワシやしらすなどの小魚

かつお、しゃけなどの魚

など

 

これらの食品は 保湿成分を取得するのに 有効とされていますが、

もちろん こればっかりを食べていても よくないので、

ビタミンCや、 その他の栄養素をバランスよく取らないと、

お肌どころか、体そのものに影響してしまいます。    

 

お肌の「糖化」とは?

肌の老化の原因のひとつとして

「糖化」 という現象があるのではないか?

といわれてるようです。

 

「糖化」とは?

「糖化」の一例として、 ホットケーキなどを焼いたときに、

茶色くなるのも「糖化」現象のひとつ。

肌もこれと似たような現象が 起こっていると考えられています。

「糖」を摂取すると 体内の「タンパク質」と結びついて、

「糖化生成物」(AGEs)を生成すると言われていて、

この「糖化生成物」(AGEs)が、

肌に限らず、体の血管や ほかの細胞の老化を促進させます。

ただし、「糖」は体には絶対に必要な栄養素ですので、

取りすぎないようにしましょう。

 

関連記事

ほうれい線対策のサイトマップ的なこと

ほうれい線に効く「舌回し体操」を1日1万回やってみた